2006年07月29日

WTM・ポルシェティーガー(プロトタイプ)

ポルシェティーガー(プロトタイプ)

ポルシェ博士によるティーガーのプロトタイプ。
さすが天才の開発したものだけあって、電気モーターで駆動するという超先進的な戦車。
エレファントのベースになったらしい。
18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

WTM・エレファント重駆逐戦車

elephant.jpg

とりあえず、むかし撮ったものを載せておこう。

これは、ドイツ軍の重駆逐戦車エレファント。
名前の通り、いかにも巨大で、厚い装甲のため、機動性は非常に悪かったようだ。
15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

WTM・ヤクトパンター後期型

ヤクトパンター後期型

パンターを改造して88mm砲を積んだ駆逐戦車が、ヤクトパンターである。
オレが生まれて初めて作った戦車のプラモがこれで、有名な将軍の名前にあやかって、当時の田宮模型は勝手に「ロンメル」と呼んでいた。
このいかにも砲弾をツルッとかわせそうな車体の傾斜角や、「豚の鼻」と呼ばれた特徴のある防盾など、実に洗練されてて大好きな戦車の1つである。
21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

WTM・パンターG型

パンターG型

第2次大戦後期のドイツ主力戦車。
前部の傾斜した装甲板など、ソ連のT34/85を参考に作ったと言われており、洗練された格好良さがある。
さすがにドイツ戦車は凝りすぎていて、大量生産には向かなかったらしい。
21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

WTM・ティーガーIIポルシェ型

ティーガーIIポルシェ型

キングタイガーには、先のヘンシェル型と、このポルシェ型の2種類がある。
砲塔をどちらが設計したかによるのだが、このポルシェ型は初期に50台しか作られなかったらしい。
いかにもポルシェというような流麗なスタイリングだが、その分、量産性が悪かったし、先端の丸みのせいで、当たった弾が車体天井に飛び込む危険性もあったようだ。
13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

WTM・ティーガーIIヘンシェル型

ティーガーII

ドイツ最強の戦車、「キングタイガー」こと「ティーガーII重戦車」。
無敵といわれた「ティーガーI」のさらに進化版なのだから、そりゃ最強だ。
正面装甲は18センチもあり、重量は70トン。
燃費は路上で、リッター162m!
12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

WTM・赤虎1号

赤虎1号

これは「ティーガーI」の赤バージョン。
WTMのシークレットアイテムだが、もちろんこんな赤い戦車など実在しない。
しかしながら、シャーの赤いザク、なんとか戦隊の赤レンジャー、F1でのフェラーリなど、いつの世でもヒーローの乗り物は赤いのだ。
これが、オレが赤いクルマに乗る理由だ!…なんちゃって。
10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

WTM・ティーガーI後期型重戦車

ティーガーI後期型

WTM(ワールドタンクミュージアム)とは、海洋堂が製作した1/144スケールの戦車シリーズ。
昔からプラモを作りまくっていたオレは、ドイツ戦車が大好きだ。その中でも、圧倒的な迫力を持つ重戦車が「ティーガーI」だ。
映画「プライベート・ライアン」のラストで、地響きを立てながら破壊の限りを尽くすのが、この戦車だ。
10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。